埼玉県結婚相談所くらもち結婚相談室養子が欲しい

2018/11/09

体験談特集 24歳で結婚が遅いとお爺さんに言われ連れて来られた女性です。

 

その方は5月半ば頃お爺さんに連れられて来られました。

お爺さん子でお爺さんと言っても若そうに見えたので父親かなと思いましたので、

お嬢様はお若そうですねと尋ねたら孫だということ言われ驚きました。

年を聞いたらもう24歳だということでも驚きました。それでも結婚が遅いということです。

代々20歳で父親もお爺さんも結婚をしているらしく24歳では遅すぎるということを話されました。

お宅の噂を聞いてわらをもすがる思いで来たということです。

仕事は農家をやっていてこの子は長女だから跡とりで嫁にはいけないので養子が欲しいということです。

先祖代々

の農家で相当な農地があるということです。主に米と梨を作っているそうです。

トラクターで田んぼを耕し稲も機械を操作し植えるし、稲刈りも機械を使って刈るそうです。

殆どの機械は使えると話していました。だから、農家はやらなくて今の会社に,


勤めを続けてでもいいから来てほしいと切実でした。

ここで家を途絶えさせるわけにはいかないので何とか力になって欲しいと何度も頭を下げられました。

これだけの気持ちをぶつけられたら引き受けざるを得ません。

本人の体型もどちらかと言えばがっしりしていて大柄な感じでした。

顔は日本人離れをしたハーフっぽい感じを受けました。

気性も男勝りの気の強さを感じました。ただ女性らしさ可愛い仕草もたくさん感じました。

さあ、次はあなたの番です。体験談特集に載せましょう。相談室でお待ちしております。