埼玉県結婚相談所くらもち結婚相談室必死さ!

2018/11/11

体験談特集 24歳で結婚が遅いとお爺さんに言われ連れて来られた女性です。

 

もしあれば出てみたいのだけど」まだお見合いはしていないので,


渡りに船ではないですけどそちらでお相手を見つけた方が早いかも知れないと思い早速調べましたところ、

8月の終わり頃に大宮で仲人会のパーティ―が企画されていているということを,


親しくしている仲人に教えて貰いました。

案内書をとりよせ彼女に伝えたら是非出席したいので送ってほしいと頼まれました。

でも、養子などに行ってもいい男性など出席するはずないと半分は諦めの境地でした。

その後彼女から連絡がありパーティ―に出席する洋服を何処で買えばよいかというお尋ねでした。

イトーヨーカドーでいいのではないかと答えたら直ぐに買いに行きました。

この洋服が

後々事件を起こすのです。パーティ―の日が来ました。

私は用があり少し遅れていきましたら、会場の掛かりの仲人さんから呼び出され、

お宅の女性会員さんの着ている服があまりにも派手過ぎて男性会員さんが困っているという報告を貰いました。

何故かなと見廻しましたら超ミニのワンピースでパンツ丸見えでした。

近くにいる仲人からハンカチを借りてその仲人が足の上に置くようにと言ってくれたそうです。

彼女も一生懸命で必死だったのでしょう。あまり気にする素振りを見せませんでした。

パーティ―も終盤になり最後のマッチングの時間になりました。

さあ、次はあなたの番です。素晴らしい出会いが待っています。

でも、行動を起こさないと縁はこちらを向いてくれません。

相談室でお待ちしております。