埼玉県結婚相談所くらもち結婚相談室大反対

2018/11/12

体験談特集 24歳で結婚が遅いとお爺さんに言われ連れて来られた女性です。

 

誰か気に入ってくれる方がおればよいのだが、と固唾をのんで見守っていました。

そうしたら彼女の名前が読み上げられたのです。相手はどの方かとウキウキしながら見ていました。

ジャニーズからは程遠い年の離れたおじさんでした。何と見る目がないことかと少し不満を感じました。

彼女にはそんなことは言えず感じていることを分らないように接しました。

少し経てば熱も冷めご縁がなくなるだろと冷めた目で見ていました。

出席者の名簿を見て愕然としました。お相手の男性とは一回り以上離れいいて一人っ子で給料も低かったです。

こんな方を紹介してはお爺さんに叱られるのとがっかりするのではないかと不安になりました。

案の定帰って今日の報告をしたらお爺さんが大反対です。

只彼女も

人の言うことを聞くような子ではないので自分の我を押し通しました。

お爺さんも仕方無く承諾をしたそうです。なんでも男性のご両親は80歳を過ぎていて、

(彼女のお爺さんよりもはるかに年上です)後が短いだろうから中間に,


住んで直ぐに親の所に行けるようにしておけばいいだろうという話が出ているそうです。

先の話まで出ているということは、二人は本気で結婚のことを考えているのだなと思いました。


さあ、次はあなたの番です。どんな素晴らしい方が待っているか楽しみです。

でも、行動を起こさなければ何も手に入りません。勇気を持って相談室へお越し下さい。

お待ちしております。一緒にお相手を探しましょう?